HPのトップに戻る
立退((明渡)交渉成功の鍵(所有者居住物件に限定)

トップ
基礎知識
裁判所情報
物件情報
資料の見方
現地等調査
収益物件
入札価額
入札とその後の手続き
明渡交渉等
目次
 入札前
 ・事件番号で推測
 ・資料で推測
 ・現場で推測
 落札後
  ・交渉のすすめ方
  1、交渉開始時期
  2、交渉の心構え
   3、交渉のやり方
   4、交渉上のポイント
 ・交渉に応じない人
  基本方針>強制執行
 ・空家の場合
  1、心構えなど
  2、事件記録のチェック
  3、聞きこみ
  4、住民票で探す
  5、経験談・・業者相談
引渡命令関連
気楽な話
管理人情報
営業案内
競売以外



管理人が神奈川・東京で行った体験事例を基に作成したものです。
全ての案件を100%成功へと導く事を保証するものではありません。
あくまで参考として、こういうやり方もあるのか、という軽い気持ちでご覧下さい。
どうしても一般公開が憚られる箇所が何箇所かあります。
手の内を知られますと、今後の管理人のコンサルに基づく交渉に支障を来たしかねない箇所です。
そういう部分はカットしましたので悪しからずご了承下さい。



目次(各タイトルをクリックして下さい。)                       
入札前の事前調査
◎事件番号で推測
   事件番号から、手続進行具合がスムーズにいっているかどうかが、ある程度推測できます。
◎資料で推測
   三点セット、登記簿謄本(全部事項証明書)から、所有者像を推測。
◎現場で推測
   現地で所有者像を推測。   
落札後   
◎立退(明渡)交渉に応じる人の場合
1、立退(明渡)交渉開始時期
   売却許可決定が確定してから
2、 立退(明渡)交渉の心構え
   強い立場を自覚する事。 
3、立退(明渡)交渉のやり方
   @、手紙作戦・・管理人お奨めの方法。  
   A、電話・訪問
4、 立退(明渡)交渉上のポイントー面談時
    @、引越ししなければいけない時期を教える。
   A、引越料と支払時期を決める。
   B、相手の言い分で絶対に聞いてはいけない事。
   C、これは言っておく、チョットしたポイント.。
   D、条件が決まったら文書化しておく事。
   E、明渡日の気配り
   F、ポイント
◎立退(明渡)交渉に応じない人の場合
   基本方針・・粛々と強制執行手続きに着手しましょう。
◎空家の場合・・・まず、所有者探しをします
   1、空家の場合の心構え・開始時期
   2、裁判所で事件記録をチェック
   3、近隣及び債権者などに聞きます。
   4、住民票で探す
   5、私の経験・・業者の相談から

上↑